【レイトン ミステリージャーニー】 ナゾ135 歪んだ計算式 ヒントと答え

2017年07月25日  レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀 答え 解答 写真あり

ナゾ135 歪んだ計算式
【レイトン ミステリージャーニー】 攻略

出題場所 / 条件
エピソード10 待合ロビー / エピソード10の後半。デルモナ学長と会話


問題
教授からこんな問題を出題された。
数字がグニャグニャに並んでいて意味の通じない計算式。
どこか1ヶ所に曲線を足すと正しい式として成立するらしいが、どの曲線を足せばよいだろう。
なお、曲線は向きを変えたりせずにそのまま使うぞ。


ヒント
  • 式が成立していない部分を絞り込んでいこう。
    この計算式のおかしい部分はどこだろう。

  • 曲線を足すのは式の右側、つまり計算の答えの部分だ。
    答えの部分に何が入れば正しい計算式になるだろうか。

  • 式の右側にある2つの丸は、数字の一部になるぞ。

  • 式の左側はそのままで、正しい計算結果を表そう。どの曲線を使えば、正しい数字が表れるだろうか。
    なお、曲線を選ぶときは、形の似ているものに注意しよう。



答えは下の方にあります




































【解答】
『D』

Dの曲線を足すと100-4=96になる


関連記事


前の記事 次の記事