【レイトン ミステリージャーニー】 ナゾ153 嘘つきと玉の箱 ヒントと答え

2017年07月26日  レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀 答え 解答 写真あり

ナゾ153 嘘つきと玉の箱
【レイトン ミステリージャーニー】 攻略

出題場所 / 条件
エピソード11 ブティック・ロビン / 調査を終えると発生。(人型に貼られたテープ、左上のマネキンの帽子を調べた後)


問題
縦4マス、横4マスの箱を前にABCDの4人が話をしている。
A「どの縦一列にも玉が2個ある」
B「どの横一列にも玉が1個ある」
C「この箱の四隅に玉があるわね」
D「嘘をついているのはAだけだ」
この4人の中に2人嘘つきがいる。
箱の1マスには1個玉が入る場合、玉は全部で何個あるのだろう。


ヒント
  • 嘘つきは2人いるはずなのに、「嘘つきはAだけ」とDが言っている。
    つまり、Dは嘘つきだ。

  • 話の内容がお互いに成立するのは、ABCでどの組み合わせだろう。
    誰かを正しいと仮定して、他の誰と成立するかを考えていこう。
    誰とも成立しない人が嘘つきだ。

  • ヒント2の続き。話の内容がお互いに成立するのは、AとCの組み合わせだけ。
    つまり、Bは嘘つきだ。

  • AとCが正しいことを言っている。
    では、箱の四隅と、すべての縦列に玉を2個置くと、玉は全部で何個になるだろう。



答えは下の方にあります



































【解答】
『8個』

reitonmystery15300.jpg


関連記事


前の記事 次の記事